2013年11月30日

アームベース 自作

このブログの検索ワードは
写真関連の他はオーディオ関連が半分近くあります(笑)

オーディオはあくまで趣味なので
もう2年以上更新してなかったですが・・・

先日35年以上使用した
DENON DP-5000Fが停止、メーカー修理も
不可ということで
オクでDP-80とDK-2300を入手。
しかしロングアーム用にホールが空いていたので
うちのG-940と合わない・・・・

アームベースで検索すると真ちゅう製で25000円!!!
今さらベースごときに大枚かけてられません・・・
で、自作。

まずは完成写真をごらんください。
渋く輝くシルバーのアームベース。(手前)
製作は2日間(笑)
DSCF9227.JPG

ではその製作過程をご覧に入れましょう。

まずは材料
金属加工は到底ムリ・・・
HCで材料探してると直径10cm、厚さ5mmのMDFの板発見。
さらに同じサイズのゴム板も。
ステンレスの木ネジと100均でシルバーのスプレー購入。
DSCF9208.JPG
全部で500円ちょい。

インパクトドライバー用のホールソーの刃5本セット
1980円を購入。
これで準備完了。

まずは
鉛筆と分度器で6等分に線引き(アバウトです)
DSCF9209.JPG

次にドリルでネジ用の穴あけ。
キャビに仮置きしてショートアーム用に位置決め。
DSCF9213.JPG

そしてベースに20mmの穴を開け、
サンドペーパーで磨きます。
DSCF9215.JPG

その後塗装。
塗料が飛ばないようにダンボール内で
数度に分けて重ね塗り。
DSCF9216.JPG

位置決めはこんな感じで(アバウトです)
DSCF9217.JPG

で、完成したのがこれ。

木ネジはアーム設置面に干渉するビスが出てしまい
(アバウトなんで)平面タイプに交換。
DSCF9225.JPG
どうですか〜〜〜。
とても材料費500円ちょいには見えないでしょう。

音質にこだわって高額な金属加工品を入手するのも
趣味の世界なんでそれもよし。
でもこちらのCPの高さはかなりだと思いますよ〜。

検索で来られた方はぜひ参考にしてみてくださいね〜〜。

posted by dai at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

望遠ズームって

便利ですよね〜

大撮影会では
まず必須。
というか これだけ持っていけばいいと
思ってる人も撮影会だけ参加してる方のなかには
おられる可能性も。

だいぶ前ですが
うちの撮影会に初めて参加されたお客様で
望遠ズームだけ持参した方がいらっしゃいました。
ちょっと困りましたね(苦笑)

大撮影会は
ぐるっと囲んで右へ行っても左へ行っても
ポジションがうまくいかないから
とりあえずズームして大きくモデルを入れて撮る。

すると背景のぼけた定番ポトレになるわけで(笑)
逆にいうとそのレンズでは同じようなカットしか撮れない。

いつも言うようにレンズは適材適所だと思っています。
単焦点でもズームでも同じ。

望遠って少しポジションが変わると
背景が大きく変わるんで以外に難しいです。
なにも大きくするためだけのものじゃないです。

効果的に使ってこその望遠です。


11100902.jpg

定番逆光でのショット。70-200。
このポジションより左に回りこむと髪がここまで光を受けてくれません。

2011.10.09 Model Yuki

11101002.jpg

登っている道路のてっぺんに橋。
抜きでいくなら望遠です。70-200。
背景に高圧鉄塔がありますがわざとうっすら見える程度にしてあります。

2011.10.10 Model Akari
posted by dai at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

JBL L220 その後

080801_1854~0001.jpg

L220で検索してくる方が必ずいるようなので
その後のことを少し書いておきます。

実は前回書いたあと
昔のJBLは逆相に繋ぐのが当たり前ということを・・・
(+-を逆に接続することです)

えっ?何それ・・・そんなんの知らないよ・・・

だいたい20〜30年前なんてJBLとか憧れで
買うなんてとても考えられなかったし
当時は雑誌もFM誌ばっかで ハード専門の雑誌なんてあまり
読んでないし・・・

ふつーSPコードは赤が+で黒が-だから
そう繋ぐよ・・・

自作の場合 位相は避けて通れないのは聞いたことあるけど
メーカー完成品は常識的に接続するさ・・・

で、乾電池繋いでSPが前に出た方向が正相ということとあるので
やってみた
「・・・・・」L220は逆相でした
4311Bはふつーに正相・・・

ふたつとも同じ時期の発売なんだけど・・・・
これってどういうこと?
4311B 前のオーナーが内部で繋ぎ変えてたのか?・・・

というわけでさっそくL220は+-逆に接続 音出し・・・

なんと!
今までとは大違い!

ウーファもパッシブラジエターも動きが全然違う!
低域はぐんと前に出る!
ツイーターも豊かに拡散する感じだし
広がり間も改善した感じ・・・・
もちろん全体の音の量感も確実にアップ!

オーディオは好きだけど 
こういうとこに気づかないなんて
やっぱりマニアじゃないなあ(苦笑)

4311Bとの比較では
低域、中域の張り出しはやはり4311Bです。
これはウーファが直結でフルレンジ的な使い方をしてるかららしい
(ネットの受け売りです)
音が華やかな感じです。

ヴォーカルでL220との違いが顕著に出ます。
ボリュームそんなに上げないなら4311Bのほうがバランスいいです。

ただし
大音量で圧倒的差が出ます。
これは前回書いた印象と変わりません。
低域は繋ぎなおしてからかなり出るようなりました。

4311Bは音量上げると無理やり鳴らしている
音が綺麗にバランスしない・・そんな感じ

世間で言われてるように
パッシブラジエターだから切れがないとは
あまり思いません。

これはやはり床がコンクリでしっかりしてるからだと思います。

これからフロア型を自宅に導入するつもりで
情報を集めてる方は・・・・

音量をそれなりに上げれない
床がしっかりしてない

そういう方はやはりフロアSPは避けたほうがいいように思えます。
(あくまで主観です)

ちなみに当方は
C2aとHMA-9500mkUでドライヴしています。

現在ではソースにもよりますが
CDなどによってははヴォリューム位置9時でもかなりの
大音量です。

LPは
MM出力で12時くらいまで上げれますけど・・・・

4343などのモニター系の大型SPはわかりませんが
現状L220でかなりイイ線で鳴らせてると思います。
posted by dai at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

JBL L220

さてここではオーディオネタはご無沙汰でした。

実は・・・
昨年冬からかなり変更がありました。

まず
知り合いのMさんがJBL4311Aを貸してくださり
4410を入れ替えて聞いていました。

そのうちHオフで程度のよい4311Bを発見
価格も程度にしては低めだったんで
迷ったあげく確保・・・・

年明けまで
「もうこれでしばらく変更はないな」と思ってましたが
初めて行ったHオフで JBLのL220を発見・・・・

程度も良く価格もまあそれなりに安い・・・
でも金額は高いけど

こんなでかいのはすぐには売れないはずと思い
4410や使ってない機器をオクでさばくと・・・
それなりの資金になった!

というわけで確保(笑)

080411_1944~0001.jpg<

トールボーイとはいえフロア型ですからねえ・・・
設置スペースも大変・・・

エッジは新品 ひょっとしたらリコーンもしてある可能性も・・・
アッテネーターのガリで値引きもさせたんでかなり買い得でした。
もちろん自分で直しましましたよ。

エージングしながらセッティングもつめ
エンクロージャーはワックスで磨き上げて・・(笑)
およそ3ヶ月近く経ったかな・・・

080411_1949~0001-0001.jpg

最初は
4311Bに比べるとメリハリや押し出し感がいまいちかな・・
そう思って聞いてました。
その傾向はあまり変わらないです。

30年も経つ中古なんでオリジナルの音かも不明なんだけど。

でもわかったことは

パワーを入れても破綻しない。

フロアタイプはこれにつきますね。
逆に音量を上げられないなら大型SPは使わないほうがいい。

日本の一般的な住宅事情ならブックシェルフタイプで
十分です。

4311Bはボリーュム位置11時くらいでかなり
音にムリがきてるのがわかりますが
L220は位置12時過ぎても全く平気。
まだまだパワー入ります。

床に正方形のレンガ?っぽいの置いて
コメリでみつけた建材の材料をインシュレーターにして
3点支持で設置しています。

080411_1951~0001-0001.jpg

高価なパーツ使わなくてもオッケーです。
高さは約6cm 床とSPの間にフェルトをつめて
緩衝させてブーミー感を低減(のつもり)

L220は38cmのパッシブラジエターがついてますので
低域がボンづきやすいのを回避しています。

床がコンクリなんで音質は悪くないと思いますが・・・

こう考えるとオーディオなんて
部屋が音を左右する割合かなり高いのは明白。

床 コンクリ 最高!!

L220なんて自宅じゃとても鳴らせません。
どうすんだ 将来・・・・・
posted by dai at 15:41| Comment(2) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

ふたつめ

070713_1846~0001.jpg学校の仕事も
一段落したので
スタジオの
積み重ねてあった
オーディオ用のラックを作った

今回は途中で4段の予定を3段に変更

そのほうが
使い勝手がよさそうなので…

材料は前回と同じ
posted by dai at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

最初に言っておきます(笑)

今日は・・・
ちゃんと仕事しましたよ(笑)
これから書くのは店内のことだけど
仕事ではないからまず、おことわり・・・

さて
店内に置いてあるオーディオは
スタジオ部と店舗部におのおのあります。

店舗部は
ここ数ヶ月でほぼいいとこまで
まとまってきてました。

しか〜〜し
それなりに機器があると
他の組み合わせもしてみたいじゃないですか(笑)

特に
スタジオのメインはほとんど聞かないけど
HMA-9500mk2とサンスイのsp-G-300のホーンツイーターの組み合わせは
高音がきらびやかになりすぎでかなり絞っても気になってました。

店舗のJBLの4410Aはまとまってるんだけど
高音がおとなしい・・・
ならアンプ入れ替えたらおもしろいかな・・・なんて
前々から思ってました。

で、仕事がひと段落した夕方以降から
スタジオからSP-G300を店舗に移動。
(キャスター付なんで楽)
う〜〜ん、ここって何の店??状態ですよ(笑)

070604_1917~0001.jpg

さっそく視聴。
いつも聞いてる
MJQ(ジャズ)
水越けいこ
ミーシャ
・・・・

そりゃフロア型だからスケール感は比じゃありません。
高音もアンプ換えてバランスいい感じで伸びてるし・・・

で、XのSay Anything聞いたときですよ。
奥行き、音の広がり、透明感がさらに違う。
オケのバラードだからかも・・・
う・・ん いいっ!
心にしみますよ・・・

でもTULIPの青春の影はダメ。
70年代の録音だからでしょうね。
こじんまりとまとまりすぎでした。
財津さん、ゴメン(苦笑)

う・・・ん
でもこのSPは店舗にはとても置けません。

というわけで
閉店以後アンプの入れ替えしました。

結果は
音の切れ、粒立ちはかなり改善。
スケール感はやはりG-300にかなわないかな・・・
せめてSPの間隔をあと50cmくらい広げると
また違うんだろうけど現状では無理。

しかし
ここはオーディオには向いてます。
床はコンクリで跳ねても平気(笑)
壁とも離せるし、物もそれなりにあるので
音は響きすぎないしね・・・。

こんなことしてると
うちって何屋?みたいな・・・

でもそういう変なお店があってもいいでしょ(笑)

というわけで
店舗の組み合わせはこんなふうになりました。
まあまた変更するかもですが。

070604_2116~0001.jpg070604_2117~0001.jpg

パワーアンプの9500mk2はSPは1組のみしかつなげないんで
サブのJBL216はA-7に明日繋ぎます。
posted by dai at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

オーディオラック

暖かくなって
仕事がひと段落したら作ろうと
思っていたオーディオラック・・・

今日、思い立って
学校の帰りにコメリで材料調達

自作というとベニヤ合板がほとんどですが
考えていたのはパイン集積材厚さ3cm・・・

420cm×50×3で9,980円・・
同じサイズが2,5cmになると7,980円・・・

う〜〜ん悩むところです。
で、ふと横を見ると赤松集積材だと同じサイズの3cm厚が
6,980円!!!

というわけでこれに決めてました・・・

で、今日
頭の中で寸法計算してカットしてもらって
木ネジ、キャスター、手動サンダー(笑)などを
購入してさっそく組み立て開始。

070417_1829~0001.jpg

図面はおろかメモもなし(苦笑)
収納する機器のサイズを測りながら
組み立てます。

組みあがってから
キャスタ-つけて・・・
・・無いと不便ですから。。

070417_1927~0001.jpg

軽く仕上げにサンダーかけて・・・・
(紙やすりです)
製作時間は3時間ちょいかな

070417_1929~0001.jpg

機器を収納・・・
CDデッキはギリギリ・・・
棚板の間隔を作ってる途中で5mm広げて
なんとか・・です。

仕上がりはこんな感じ

070417_2021~0001.jpg

実は・・・
CDが最上段の棚にラックごと入らない・・・
ほんの数ミリ高さが足りませんでした・・・

う・・・ん
アバウトな性格が露呈しました・・・

しかし完成品は見た目はいいですよ。
しかも重量級
恐らく 30kgくらいあるかな
乗っても平気!

いつかメインのほうも
ラック作ってやらないとなあ・・・

これで店内のオーディオは3タイプ

アルテックのフルレンジも鳴らしこんできたら
聞きやすくなってきました・・・

TPOで使いわけます。

一番上には先日オクで落札した
DENONのプレイヤー。
大理石ボードでなかなかよい!

070417_2021~0002.jpg

posted by dai at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

サブシステムに・・・

先日追加したフルレンジのアルテックの10cm
ユニット・・・

箱が小さいんだろうなあ・・・
どうもうまくありません。

あくまでサブのサブなのでそんなに
固執してないけど
あまりに寂しい・・・・

で先日またまたオークションにて
JBLの
J216PRO2というSPを落札
今日到着しました。
程度良好。

070410_1055~0001.jpg

簡単にインプレ

ネットでいろいろみてましたが
16cmウーファにしてはいい感じで
低音出ています。
実質は13cmくらいなのに(笑)

070410_1929~0001.jpg

が、・・・高域がけっこう癖あるというか
私の感じるところきらびやかすぎかなあ・・・
これの前のタイプだとコーンツイターなので
そっちのほうがバランスいいかも・・・

でもまあ元気はあるし
購入金額からすれば全然おっけーかな。

アンプのA10はトーンコンとかないので
高域絞れないけどYAMAHAのA-7ならその辺は
いじれるので後ほどやってみます。

今はとりあえずこんな感じ・・・

070410_2013~0001.jpg

う・・ん
オーディオも奥は深い・・・
泥沼にはまらないようにしないと・・・

さあ、DENONのSPはオクで処分しないと・・・

posted by dai at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

アルテック

今日、
アルテックの10cmフルレンジスピーカーの
ユニットが到着。

さっそく前のダメになったスピーカーを外して
交換作業。
070308_1016~0001.jpg

エンクロージャー(スピーカーの箱)
の穴が小さくてカッターとヤスリで大きく
しなければならなくてひと仕事。

070308_1042~0001.jpg

きちきちだったので
配線コードの接続部を折って半田づけとか
余計な作業までしてようやく完成・・・・。

070308_2020~0001.jpg

箱・・・ちょい小さいな。

明日からエージング(慣らし)始めます。
いきなり鳴らしても、もちろん音でるけど
しばらく音出し続けた後のほうが
いい音になります。

posted by dai at 20:56| Comment(3) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

試聴

070203_0945~0001.jpg

YMOのライディーンを
A-7のアンプボリューム11時で聞いてみた。

ソースはカセットのmaxell UD46
なんと恐らく30年前くらいの
LPからの録音。DOLBY NRはOFF。
YMAHA KX-1000で再生。

このデッキは非常に透明感ある音だが
力というか音の厚みが不足・・・。

でも30年前のカセットとは思えない音出ます。
当時のいろいろなテープあるけど
FUJIやSCOTCHなんかは今じゃあまともに
音出ないのあるけどmaxellやDENONは全く平気。
(たぶんDENONはmaxellのOEM)

で、試聴
4410AはモニターSPなので
やはりバランス重視?

低域から高域までバランスはいい。
中音から高音の音の粒立ち感はいまひとつかも・・・
低音は25cmながらかなり出ていると思う。

聞いていて疲れない。
これってけっこう大事かな。

同じライディーンをメインシステムで
レコードで聞いてみた。
レコードだからねえ比較はきついかな

解像感や音の広がり、粒立ちなどは
メインにはかないません。
そりゃアンプ、SPにお金かかってるから当たり前か(笑)

ただ音量上げて聞くと、かまえて聞かないと
疲れますね(爆)
posted by dai at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

スピーカーエッジ修理その2

昨日の夜木工用ボンドとゴム系ボンド、それに
洗濯バサミを100均にて購入。
続きの作業に入りました。

まず木工用ボンドでコーン紙の裏からエッジと貼り合わせます。
貼り付けたら洗濯バサミで平均の間隔で抑え、固着するのを
待ちます。
070201_0930~0001.jpg

次にゴム系ボンドでスピーカーのフレームにエッジを貼ります。
同じく洗濯バサミで抑えて固着させます。
070201_1056~0001.jpg

乾いたら外周にガスケットを貼り付け終了です。
070201_1226~0001.jpg

これが修理完了した25cmウーファーです。
070201_1233~0001.jpg

全体のカット
070201_1234~0001.jpg

今回はエッジ、ボンドなど、もろもろ含めても2本、1200円くらいで
直ってしまいました!
これはかなり安上がりでした。

さっそく音出し・・・
本来の低音が響き、いい感じです。
昼間は音量上げれないので
夜大音量で鳴らしてみます♪

posted by dai at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

スピーカーエッジ修理

エッジが劣化してた4410Aですが
オークションでウレタンエッジが格安で手に入りました。
なんと2本分で、500円。送料、手数料入れても800円弱。
通常通販で2本分4,000円くらいしますからね。
ということでセーム皮じゃなく今回はこれで修理。

また10年経ったらやらないとダメかもだけど
安く済んだからいいかな、と。
070131_1433~0001.jpg

まずボロボロのエッジを指で取り除きます。
070131_1436~0001.jpg

次にシンナー系のうすめ液で残った接着剤を剥離していきます。
070131_1442~0001.jpg

コーン紙の裏側も取り除きます。
割り箸を使ってみました。
070131_1508~0001.jpg

1本あたり1時間くらいかかったかな・・・
おおざっぱには早いけど細かい部分の接着剤カスを取るのに
けっこう時間がかかりました。

ボンドが無いので今日はここまで。
070131_1751~0001.jpg
posted by dai at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

JBL 4410A

家から移動。

さっそく繋ぎ変えて音を出してみる・・・

実は
このSP買って10年くらい経ちますが
自宅では制約が多すぎ、まともに
音とか出したことないです。

それなのにエッジが劣化・・
ウレタンなんでお約束だけどもったいない話です。

考えてみると
鳴らした時間も50時間くらいかも・・・
1年5時間?
しかも小音量で(笑)
ということはエージング(慣らし)も終わってない
かもですね・・・情けない・・

さっきアンプのボリューム12時まで上げたら
エッジがどんどん吹き飛びました(爆)
ウーファーはビリついてます。

さっそくエッジ交換しないと・・・。

音は・・・
こう考えると
YAMAHA NS-100Mはいい音出ますね。
中域から高域の粒立ち感、輝きは4410Aより
いいです。
ミッドが4410はコーン、100Mはドームというのも
あるかな・・

4410Aはモニターだから音としてはまとまっていますが
特徴ないかも・・・。
もちろんバランスはいいですよ。

44シリーズは現行ですが前の43シリーズみたいな
人気は全くないです(苦笑)
ハードオフで新品が半額近かったから買ったというわけ。

まあエッジ交換して
毎日鳴らして良くなってくることを期待しましょう。

100Mは今日夜自宅へ移動します。
070121_1111~0001.jpg

070121_1110~0001.jpg
posted by dai at 11:14| Comment(0) | TrackBack(1) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

アンプ直った!

今日、昨年修理に出していた
C2aがあがってきたのでちょっとご報告です。
26年使ってます(笑)もちろんワンオーナー。

4年ほど前にも一度修理に出してます。
そのときもカセットデッキのkx-1000と同時にお願いして
直していただきました。(こっちはオクです)

その時もYAMAHAさん、古いのものなのに
すごい!って感心してました。

今回はヘッドアンプ、イコライザー、トーンコン、電源部など・・
ほとんどOHに近い感じ。
電話でできるだけやれるだけお願いしました。
基盤の再はんだの処理も。

交換部品は90点くらいでした。
修理代金は返送料込みで51,000円ちょい。

ネットでみた修理業者だと10万前後かかってましたので
メーカーさんとしては良心的ですね。

さらに完成後一週間以上音だしテスト、アイドリング電流、中点電圧調整までしていただきました。

感激です!
先日もDENONさんにDP-5000Fの修理していただきましたし
こういうメーカーはオーディオメーカーの鏡!(笑)みたいなもんです。

古い機器のサービスをここまで対応していただくと
感謝感激ですよね。

先日友人から
NS-100Mをタダでもらって
アッテネーターのガリあったのを自分で洗浄して
サブで使ってます。いい音してます!
駆動アンプはBLITさんからもらった
A-7です(笑)

で、今のうちのメインシステムです。

070118_1949~0002.jpg
チューナーと下のデッキは水没で死んでます。

070118_1949~0001.jpg

070118_1950~0001.jpg

スピーカーはサンスイのSP-G300
置き場所ないからということで
友人から10年くらい前に預かったまま(笑)

これが今のシステムでいい音聞かせてくれます。
posted by dai at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

直った!

今日、ネットで教えていただいた方法で
NS-100Mのアッテネーターのガリ洗浄を
施行しました。

ドライヤーで名板を温め、カッターを
挿入・・・
ゆっくり剥がしていきます。

スコーカーを外して
アッテネーターの接続部の隙間から
556を噴きつけ、グリグリ回します。

・・・ガリ、消えました!!
やった〜〜♪

若干キズもついたし、
名板は少し波打ちしたし・・・
でも、音にかかわる点が
解消できたから良し、としましょう。

061229_1024~0001.jpg

ところで
余ったONKYOのセプターE-503Aは
どうしよう・・・・
誰か使ってみたい方おられますか?
音、悪いけど(笑)

よろしければお譲りします。
もちろんタダ!
ただし取りに来てくれる方優先。
送るのは大変だから・・・・

061229_1839~0001.jpg

サイトのメールアドレスに連絡くださいね。



posted by dai at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

彼女に素敵なステージ!

今日コメリへスピーカーの台を探しに行ってきました。

最初は90mmの角材を
高さ20cmくらいに切ってもらって
3点で支持しようかなと考えましたが

小雨降る中外のブロックを見に行ったら・・・・
1個、90円!!!!安〜〜〜〜い!
迷わずこっちにしました。金かけないが基本!

3個並べて、安定させるのに真ん中を下げぎみに。
スピーカーとの間には5mmのゴムシートで
滑り止め。
定番の置き方ですがこれでいいでしょ!
まだ濡れてますが・・・・

ロケ地と同じで
凛と立ってもらうステージは
やっぱり基本ですね(笑)

音は・・・・
どうだろ?(笑)


061228_1749~0001.jpg
posted by dai at 19:51| Comment(3) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

彼女を磨き上げようと

今日はネットで
スピーカーのアッテネーターの洗浄方法がないか
検索してました。

見つからないですねぇ〜〜〜
NS-100Mはアッテネーターの取り外しが簡単ではない。
最初の段階でつまずいてます・・・

外観はかなりの塗装はげ、キズがあったのですが
黒のポスカを塗って、お色直ししてあげました(笑)
天板なんか全面に塗りましたよ!

乾いてから拭いてあげるとそれなりにいい感じです。
あるものなんでも利用ですね。

1日音出してます。
こなれてくると思います。

思えば新潟に帰ってきて
それまで使っていた
同じYAMAHAのNS-890を
ウーファーのエッジがボロボロになって
どうにもならないと思って泣く泣く
粗大ゴミに捨てたんですよ・・・・

その後エッジは修理が効くのを
ネットで知り、唖然、大後悔・・・・
使いこなせてなかったんで
なお悔しい思いをしました。
これじゃあマニアとは到底いえない・・・

NS-890は
http://www11.plala.or.jp/se_ke5583/YAMAHA/speaker/ns-890.html

今日いつも来ていただいてるお客様が
NS-100Mを見て、しばしオーディオ談義。
家ではNS-1000Mを今、子供が小さいので納戸に
閉まったままで聞けない、ということで
しばしMJQ(ジャズです)をかけてあげて
聞いていかれました。
コーヒー付(笑)

なんの店じゃい?(爆)
まあ、こういう広がりもいいもんです。

ところで・・・
なんかうちのネコのミーが部屋のJBLのネットで
爪とぎしてるらしい・・・・
それ、かなりやばい!

あれだけはスピーカーではまともに新品で買ってるのに!
NS100Mとの入れ替えは予想より早くなるかも・・・・

そうそう写真の置き台はmasakiさんや今日の方にも
「あれはまずいよ」とご指摘されっぱなし。

まあね、そりゃわかってますって(苦笑)
いくらブチルゴム系のゴム板でダンプしても
ブロックもどきの発泡スチロールがいいわけありません。

ふだんは大音量出さないし、お金かけたくないだけです。
そのうち考えます。

とりあえず今日は帰りにコメリで
ネコの爪とぎ買ってくるのが先!

すみません、今日も
写真関連の話題じゃなくて(爆)


061227_1813~0001.jpg
posted by dai at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

新しい相棒?彼女?


061226_1905~0001.jpg

今日、友人の仕事場に行ったら
積み重ねて置いてあった
YAMAHAのスピーカーNS-100M

あの銘機NS-1000Mの弟分です。
「繋いでないじゃん」
「持ってていいですよ」
というわけでありがたくいただいてきました。

オクで落としたらしいけど今は自作の8cmの
ミニスピーカーで十分ということで、使ってないから。

程度はキズあり、アッテネーターにガリありの
それなりですが、くれるというなら遠慮なく・・・
とはいえ一応遠慮がちに頂いてきました。

で、さっきひと段落したので
今使っているONKYOのスピーカーと聞き比べ・・・・

音の分解、立ち上がり、切れ、抜け、全てこっちのほうがいいです!
しかし、20cmウーファーですから・・・・
低域はやっぱり不足ぎみです。
小型のブックシェルフなので多くは望んではいけません。

ここまでバランス良ければ十分。
ふつーの部屋ならかなりいいせんかな、たぶん。
店、広いから音が広がり過ぎるなのかもです。

ONKYOはこもって聞こえるんで、どっちもどっちなんですが・・・

使ってないDIATONE DX-55EXBより
(これも、もらいものですが)
音のつながりバランスは全然いいです。

ただA-7のボリューム12時まで上げると(約半分)
ウーファーのピストンがすごくて怖い・・・
インピーダンス6Ωだからなあ・・・
そんなに大きくすることないけど・・・

こうなると
家であまり使ってないJBLがやっぱりバランスいいです。
エッジがもうダメになりはじめてるんだけど・・・
そのうち100Mと入れかえるかなあ・・・
家ではほとんど鳴らすことないし・・

まあ当面は店内は100Mで鳴らしていくつもりです。

またSP、1組増えた(笑)
長くつきあえればいいなあ
・・・オクで売り飛ばすはめにならないように(笑)
posted by dai at 19:41| Comment(4) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

カセットテープ

先日カセットデッキの話をしましたが
結局AIWAはベルトが外れる現象は直らず・・・。
現在YAMAHAのみ正常動作中。

で、今昔のテープ、聞きまくり(笑)
音楽は偉大ですよね・・・・

アーティストや曲によりその多くがなんらかの
想い出があって流れる曲によってシーンが
鮮明に蘇ったりします。

視覚に訴える写真はそれはそれで
素晴らしい記録媒体だけど記憶という点では
音楽のほうが勝っているかもしれません。

昔から音楽と写真は切り離せない、というか
写真にイメージしたBGMをつけるのは大好きでした。
多くはないですが流れた曲に浮かんでくる写真も
あったりします。
もちろんその逆もあります。

音楽で思い出すのはやっぱり「恋」がらみが多いですね(笑)
中学から大学までは特にそうかも・・・
彼女の影響で聞いたアーティスト、失恋して友人から聞かされて
涙した曲・・・などなど。
忘れることので出来ない音楽って多いです。

自分が撮る写真も、時が経って見てくれた方が
記憶を呼び起こせるだけの力があればいいな・・・
なんて思います。

061011_1301~0001.jpg

写真は30年以上前からのカセットテープ(笑)
posted by dai at 13:21| Comment(4) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

YAMAHA A-7

今日、BLITさんがアンプを持参してくれました。

YAMAHA A-7
調べてみたら恐らく1981年の発売と思われます。
今から25年前!
その頃はA-9、A-8、A-7、A-6・・・というラインアップだったようです。
A-7の価格はわかりませんがA-8が168,000円だったようなので
恐らく10万前後の高級機です!。

私が現在メインで使っているYAMAHA C2aが1978年の発売で、
購入したのがたぶん発売後2年くらい後だったので26年前。
同時期になりますね。

ずっとしまっていたということで
かなり綺麗な状態。
通電してボリュームとバランスに若干のガリが出てましたが
何十回か、回して(笑)ほぼ解消。

ほとんどキズもなかったのですがアルミ特有の腐食があったので
サンドペーパーとエーテルなどで磨きあげました!
今はメチャ綺麗!です。
小さな擦り傷があったのでサンドペーパーかけてたんですが
かけすぎで表面のコーティングを少し剥がしてしまった・・・。
アルミのヘアラインってコーティングなんでしょうか?

あとはほぼ完璧。
これくらい古いアンプでこんなに綺麗なのは珍しいでしょう。
うちのC2aも綺麗ですが、やはり部屋で煙草を吸わないのは大きい。
特にこういう無垢のアルミ地のものはすぐヤニ色付きますから。

しかし金属製のツマミ類はいいなあ!
やっぱりオーディオはこうじゃないと!

大事に使わせていただきますね。
BLITさんありがとうございました!!

SPのほうは音にこもり感が出たかんじがしたので
収音材を1枚戻しました。

IMG_5972.JPG

IMG_5974.JPG
posted by dai at 19:38| Comment(2) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする